ディズニー・オン・クラシック〜ジルベスター・コンサートでフォログラファー北川孝次氏の「世界の笑顔」スライドショーが映し出されます。(BSテレビ実況中継あり)

関西労災病院の写真の展示をはじめ、作品の提供やアーツプロジェクトの活動にご協力を頂いていますフォトグラファー北川孝次氏の「世界の笑顔」の写真がスライドショーで大晦日に 舞浜のシアター劇場でカウントダウンコンサートで映し出されることになりました。

ディズニーオンクラシック ジルベスターコンサート 2016/2017 http://www.disney.co.jp/eventlive/onclassic/silvester.html

このコンサートはBSテレビのディズニーチャンネルで全編ライブ放映されます。
D Life BS258チャンネル  12月31日 11:45PMから生中継
再放送1月1日6:10〜8:00PM
スライドショーが流れるのはカウントダウンの後24:15くらいの予定。また北川氏ご本人も舞台で紹介される予定です。

素敵な音楽と心温まる素敵な笑顔の写真を見ながら、みなさま、良いお年をお迎えください。

無料で学べる大学講座:アートの力とマネジメント

無料で学べる大学講座 gacco のサイトで 講座番号:ga078 アートの力とマネジメント がネット配信されます。

四国こどもとおとなの医療センターや大阪市立大学で開講しています社会包摂型アートマネジメント プロフェッショナル育成事業についての取り組みも 取りあげられます。

詳細は以下のページにてご確認ください。 ※受講登録が必要です。
https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gacco+ga078+2017_02/about

受講開始日:2017年2月14日

-2016.12.18-

東海病院管理学研究会『医療を支えるアートマネジメントの必要性』のご案内

英国の状況、日本での先端的な取組みの事例を学ぶことで、今後の医療現場におけるアートマネジメントについて考えるシンポジウムです。

(当法人アーツプロジェクトの森合音、室野愛子が講演します。)

?. 講演

  • 「患者家族と病院環境」阿部順子(椙山女学園大学)
  • 「英国の病院におけるアートマネジメント」
     高野慎吾(名古屋市立大学)
  • 「むすんで ひらく 病院のアート」
     室野愛子(耳原総合病院)
  • 「病院アートディレクターの役割」
     森合音(NPOアーツプロジェクト)
  • 「医療環境・療養環境とアートマネジメント」
     篠原佳則 (NPO子ども健康フォーラム)

?. 意見交換

進 行:鈴木賢一(名古屋市立大学)

日 時:平成28年12月3日(土)13:30〜17:00(13:00受付開始)
   *終了後懇親会を予定しております
場 所:椙山女学園大学 生活科学部棟B-110
名古屋市千種区星が丘元町17-3(地下鉄東山線「星が丘」6番出口 徒歩5分)

参加費:個人・団体会員無料、会員外2,000円

参加申し込みは 東海病院管理学研究会WEBサイト の以下のページをご覧ください。
受付:11月30日まで
http://plaza.umin.ac.jp/~tokaiha/index.html

-2016.11.22-

大阪市立大学 社会包摂型アートマネジメント プロフェッショナル育成事業3
「アートの活用形」2016年6月スタート

大阪市立大学では、6月29日から「社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業3」を開講いたします。
今年のプログラムは、昨年からひき続き【講座】【プロジェクト実践】【ゼミ】3つのコースからなっています。第一回目の講座は6/29(水)にスタートです。

プログラム[プロジェクト実戦]医療安全のためのアート&デザインプロジェクトをl今回も森 合音(四国こどもとおとなの医療センターホスピタルアートディレクター/NPO法人アーツプロジェクト代表)が講師として担当いたします。

大阪市立大学医学部附属病院で実施する、医療の質と安全の向上を目的としたアートプロジェクト。フラットな「対話」の場から生まれる新しい病院のかたちを 創造していくためのアート&デザインの導入手法に出会う。具体的には、医療の質・安全に関わる現場の問題やニーズを引き出し、そこからプランを立ち上げて 実現させるまでのプロセスを、柔軟かつ精密で質の高い手法を通して学ぶ。

鯵坂兼充(あじさかかねみつ)
2003年以降、有限会社スカイと言うグラフィックデザイン事務所を業務の主体に据えて同施設内でiTohenと言うギャラリー、喫茶、書籍販売を行う複合施設を同時に運営。現在、上田学園大阪総合デザイン専門学校にて非常勤講師兼務。http://www.skky.info/

宮谷陽平(みやたにようへい)
インテリア設計事務所代表。設計事務所勤務を経て、2007年に宮谷陽平設計事務所を設立。主に店舗、住宅のデザイ ン設計、NPO法人のサポートとして四国こどもとおとなの医療センターなど複数の計画に参加。近作では阿倍野ハルカスのフレンチレストランeo、神戸北野 ホテルの改装に携わる。2016年7月より(仮称)株式会社WMを協同設立予定。

大阪市立大学 社会包摂型アートマネジメント プロフェッショナル育成事業
フォーラム『アートの活用形?』

本フォーラムでは、社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業「アートの活用形?」において、2015年度のプロジェクト実践に参加した受講生と共に振り返り、アートやアートマネジメントの社会的役割や意義についてディスカッションします。
第一部では各プロジェクトの講師と受講生による活動の紹介と振り返り、第二部では講座やゼミの受講生、また当日参加されたみなさんも交えてグループディスカッションを行います。

日時:2016年2月27日(土)14:00-17:00(受付13:30)

対象:本事業の受講生に限らずどなたでもご参加いただけます。

料金:無料(定員50名)

会場:大阪市立大学 高原記念館 学友ホール(大阪市住吉区杉本3-3-138)
※アクセス   http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/contact/

下記プログラム でアーツプロジェクト代表森 合音が実践したプロジェクトの報告をいたします。

第一部『プロジェクト実践の振り返り』
14:00〜15:20 A 医療安全のためのアート&デザインプロジェクト [プロジェクト詳細 ]
報告者| 森合音(四国こどもとおとなの医療センター ホスピタルアートディレクター/NPO法人アーツプロジェクト 代表)+受講生 

お申し込み・問い合わせ先: 
詳しくは 大阪市立大学文学部内 AMP事業事務局
ウェブサイト:http://artsmanage.jp  をご覧ください。
電話:06-6605-2026[月・水・金 10:00〜16:00]

-2016.02.20-

大阪病院 小児科 ‘季節 のこころ ’を届ける プロジェクトが完成しました。

大阪病院‘「季節 のこころ 」を届ける プロジェクト

昨年11月、大阪病院(旧厚生年金病院)の3F小児科外来、8F小児科病棟を大阪生まれの茨木のり子さん詩「見えない配達夫」 からイメージした、季節の“こころ”・・・そしてみんなの "おもい" をお届けするプロジェクトが完成いたしました。

旧大阪厚生年金病院では森をイメージした壁画を患者さん、病院スタッフの皆さんのコミュニケーションの場として活用していただいていました。その”おもい”を新病院へと配達夫に届けてもらいました。

-2016.02.10-

セミナー「療養環境とアート -日英の現状から-」開催のお知らせ

昨秋、療養環境に於けるアートの研究者・実践者・医師らのメンバー12名でイギリスへの視察旅行を敢行しました。訪問先は病院に留まらず、大学、NPOなど幅広く視察し見聞を広めてきました。

ホスピタルアート先進国であるイギリスの現状の最先端をお伝えすると同時に、日本の病院での現状はどうなのか?日英を比較しての現状、 課題等を考えるセミナーを開催いたします。

この分野への関心をお持ちの方々に広くお集まりいただきたくご案内申し上げます。

■開催日時 2016年2月28日(日) 13:30〜

■場所 ブリーゼタワー8階 801+802号室

■定員 80名 
定員に達しましたので参加申込みの受付を締め切らせていただきます。
多数のお申込をいただき、誠にありがとうございます。

2月20日までにお申し込みいただいた方でこちらからの受付メールが届いていないというお問い合わせをいただいたおります
( 特にGmailから送信していただいている方、登録時間違ってメールアドレスを入力された方、受信拒否設定などをされている場合に多くみられます)。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。個別でご連絡させていただいておりますが、お申し込みいただいたにも関わらず未だ連絡がないという方がございましたら seminar@arts-project.com までお手数ですがお問い合わせいただけますようお願いいたします。

■参加費 正会員 無料、ボランティア会員 1000円、一般 2000円

アクセス
 http://www.breeze-plaza.com/access/
   ・四つ橋線西梅田駅から徒歩3分
   ・阪神梅田駅(西改札)から徒歩5分
   ・JR大阪駅(桜橋口)から徒歩5分
   ・JR東西線北新地駅から徒歩5分

ープログラムー

13:15  受付開始(開場 13:20)

  • 13:30 開会の挨拶
          座長 山口 悦子(大阪市立大学大学院 医学研究科医療安全管理学 准教授)
  • ● 森口 ゆたか / NPOアーツプロジェクト副理事長
    「療養環境にアートが及ぼす力ーイギリス視察報告」
  • ● 室野 愛子 / NPOアーツプロジェクト理事
    「海を越えて共鳴するこころー耳原総合病院の芸術と文化の現場からー」
  • ● 森 合音 / NPOアーツプロジェクト理事長
    「アートディレクターの役割とその可能性ー四国こどもとおとなの医療センターでの取り組みからー」

    15:20-15:45  ディスカッション&質疑・応答
    15:45  閉会
  • ご不明な点がございましたら、下記メール宛にお問い合わせください。
    seminar@arts-project.com

-2016.01.19-

新年のご挨拶と代表交代のご挨拶

NPO法人アーツプロジェクトが2004年に産声をあげて、今年ではや12年目になります。
この小さな団体がここまで活動を続けられましたのは、皆様が日本の療養環境を少しでも良いものにする為にと、私共にお力をお貸しいただいたお蔭です。心より御礼申し上げます。さて私事ですが、今春から近畿大学文芸学部に新しく創設されます「文化デザイン学科」で教授に就任いたします。それに伴い、代表を森 合音に交代いたします。新代表の森にも、これまで同様のご厚情を頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

 今年も皆様方にとりまして、お健やかで益々ご発展の年となりますように祈念しております。

森口 ゆたか

 初代代表の岩尾啓子さんは、病院にアートという種を蒔かれました。2代目森口ゆたかさんは、医療現場におけるアートの可能性を広く示されました。3代目となる私は今、信頼する仲間と共にその希望に満ちたバトンをしっかりと受け取りたいと思います。そして「和の心」を胸に、アートという種が蒔かれた医療現場で少しずつその土壌を耕したい。蒔かれた種に、新鮮な水と栄養と空気が届くように。

 アートと医療は、お互いがお互いを必要としています。対話の中で歩み寄り、つながり、仲間として共に未来を創造しようとする時まだ誰も見たことのない新しい風景が見え始めると信じています。

森 合音

page top