セミナー「アートが育む、より良い療養環境」のご報告

2013年11月23日、大阪ブリーゼプラザにて午後1時20分より、セミナー「アートが育む、より良い療養環境」を開催致しました。 多数のご参加、ありがとうございました。

ケイト先生講演

30年以上、芸術と医療福祉・教育の分 野で実践研究をしてこられたケイト・ブルーム先生が「ウェルビーングの概念」と「その実現に向けた実践的な骨組み」を軸に、病院(NHS)で行われたアートプロジェクトの事例を紹介してくださいました。

こどものホスピスプロジェクト岡崎先生の講演

また、こどものホスピスプロジェクトの理事の岡崎 伸 先生(大阪市総合医療センター / 副部長)が一般の成人のホスピスとこどもホスピス との違い、イギリスのヘレン・ダグラス ハウスとはどのような場所なのか、緩和ケア、現在のこどもホスピスの 活動について紹介いただきそして近い将来、日本でもこどもホスピスの建て、よりニーズにあった活動をしていきたいと発表されました。

今回のセミナーには医療関係の方も多くご参加いただき、皆さまからの活発なご意見、ご質問からも様々な分野での取り組みを知ることができ、また新たな課題を見い出すことができました。

今後も、医療現場の声に耳を傾け、医療者・他業種の方とも連携しより良い環境づくりを目指していきたいと思います。

-2013.11.02−

アートミーツケア学会2013年度総会・大会@金沢のご案内

アートミーツケア学会2013年度総会11月16日(土)12:00-20:30、11月17日(日)9:15-15:30 の2日間と金沢の金沢美術工芸大学で開催されます。

詳しくは、2013年度総会・大会のチラシ又はアートミーツケアが学会HPの下記ページをご覧ください。http://popo.or.jp/artmeetscare/news/2013/11/2013-1.html

-2013.11.02−

セミナー「アートが育む、より良い療養環境」のご案内

この度、医療現場やコミュニティーにおけるアートの実践・研究を長年に渡り続けてこられ、この分野におけるパイオニアであられるケイト・ブルーム先生をイギリスよりお招きし、セミナーを 開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
ご興味ある方はどなたでもご参加いただけます。

定員に達しましたので、受付を終了いたします。

日時 2013年11月23日(土)  13:00~16:00
   13:00 開場 13:15開会
場所 ブリーゼタワー8階 801+802号室
   アクセス http://www.breeze-plaza.com/access/
   ・四つ橋線西梅田駅→徒歩3分
   ・阪神梅田駅(西改札)→徒歩5分
   ・JR大阪駅(桜橋口)→徒歩5分
   ・JR東西線北新地駅→徒歩5分
定員 80名
参加費 1,000円

プログラム

13:00 受付開始(開場13:10)

13:20 開会の挨拶
     森口 ゆたか/NPOアーツプロジェクト代表

13:35 「アートの力で豊かに生きること」
     ケイト・ブルーム / 前バーミンガム・シティ大学 大学院
     Art,Health and Well-being コースディレクター

14:40 「英国発祥のこどもホスピスを日本にも」
     岡崎 伸/こどものホスピスプロジェクト理事、大阪市総合医療センター副部長

15:25 ディスカッション&質疑・応答

15:50 閉会

音羽病院 9月のウォールアート 

音羽病院 9月 ホスピタルアート

9月のテーマは「風にのって」
気球、飛行機、風船に乗ったいろんな動物たちが自由に空を駆け巡る、爽やかな空気・風を感じられる空間になりました。

-2013.9.20−

兵庫県立光風病院 タイルアートワークショップ

兵庫県立光風病院で2013.7.8(月)〜7.12(金)に、療養中の患者さん、スタッフでモザイクタイルを使ってタイルアートにチャレンジしました。

タイルアートワークショップ

完成した作品は光風病院新館中庭に設置しました。

光風病院タイルアートReport

-2013.9.15−

音羽病院 7月のウォールアート 

音羽病院 7月 ホスピタルアート

7月のテーマは「サマーコンサート」
様々な動物の仲間たちが、歌ったり演奏したり、木までが楽しそうに歌っているようです。

-2013.7.30−

音羽病院 5月のウォールアート 

音羽病院 4月 ホスピタルアート

今月のテーマは「雨の日」
太陽が出ていない時に、窓が楽しくなるように花や鳥の装飾し、また雨の日の色を日めくりカレンダーのように配置しました。

しとしと降り続くうっとうしい梅雨がやってくると、どうしても気分が沈みますが、見かた・考え方を変えれば雨の日だからこそできる楽しい過ごし方がきっと見つかるはず。雨の音を真剣に聞いてみると楽しい音楽が聴こえてきそうです。

 

-2013.5.20−

四国こどもとおとなの医療センター 内覧会

四国こどもとおとなの医療センター完成

香川小児病院と善通寺病院が統合され、「四国こどもとおとなの医療センター」に生まれ変わり、2013年4月21日に内覧会が行われました。

当法人では2012年1月より、善通寺の五重の塔をヒントに考案された
「MAMA ENE HOSPITAL」というコンセプトのもと、 母なる(自然)エネルギーの満ち溢れた病院を目指し、建設段階から色彩構成、空間づくり、造形物など、「アートコンサルタント」をさせていただき、 2013年4月21日現在ほぼ完成しました。

四国こどもとおとなの医療センター アートマップ創り出された絵画や造形物は、患者さんや医療者からの声をもとに、 沢山のアーティストや設計士、各種専門家のご協力の下、 一つ一つに深い意味を持つアートとなり、決して「もの」としてあるだけではなく、 目に見えない「想い」の結晶と成長しました。

少しでもその想いが病院を訪れる皆さんにお届けできましたら幸いです。

また、ご協力いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

 主な作品と制作者・協力者 (敬称略)

B1 霊安室 井上 由季子
1F からくり時計 川嶋 守彦・青木 隼人
  遊び場 宮谷 陽平
協力 熊本こどもの本の研究会
  こもれびオブジェ アーツプロジェクト 
[協力]
善通寺病院・善通寺養護学校・善通寺看護学校 ・患者の皆さん
5F メディテーションルーム 津田 貴司
6F 屋上庭園 中井 弘二郎・多田 弘
1F〜7F  
 地上庭園 イケムラレイコ
 外壁・内壁画 アーツプロジェクト 
 ニッチ内アート モーネ工房
 風の伝言プロジェクト [収集協力] 京都教育大学准教授 日野 陽子
[協力大学]
香川大学・金沢美術工芸大学・武蔵野美術大学・
横浜国立大学・埼玉大学・京都造形大学・京都教育大学
アーティストリスト(絵画300作品)
ロゴ 藤本 孝明
マーク 鰺坂 兼充、 アーツプロジェクト

-2013.4.25−

音羽病院 4月のウォールアート 

音羽病院 4月 ホスピタルアート

音羽病院にモンスター現る?!
テーマはスプリングモンスターです。
スプリングモンスターが春の気配を知って、 木やあちらこちらに桜をまき、ばらまきすぎて動物たちが桜にうもれたようになっています。

桜のモチーフを切っていると点滴をした男の子がきて、点滴棒にたくさん桜を咲かせて(貼り付けて)いきました。

-2013.3.18−

音羽病院 2月・3月のウォールアート 

音羽病院 2・3月 ホスピタルアート

今回のテーマは節分とひなまつりです。
今回はねずみが鬼になりすましています。鬼のパンツを参加者それぞれがデザインし、パンツ展覧会になりました。日本らしい季節のテーマは ご年配の方にとても喜ばれています。

-2013.3.1−

関西労災病院 北川孝次 写真展 第16回「笑顔をあなたに」

 

2013 年 1 月9日、尼崎市 関西労災病院のロビーに展示しているフォトグラファー北川孝次氏の写真の入れ替えをしました。

今回は、 東ティモールの子どもたちの元気いっぱいの笑顔が届けられました。

フォトグラファー北川孝次 「笑顔をあなたに」東ティモール扁

今回展示している写真、ならびにこれまでの展示作品は、以下北川氏のホームページ「笑顔に魅せられて…」でご覧いただけます。
http://www.k-egao.org/rosaitenji/shashinten.html

-2013.1.9−

音羽病院 1月のウォールアート 

音羽病院 12月 ホスピタルアート

昨年12月29日に音羽病院のウォールアートを模様替えしました。
1月のテーマは「七草がゆ」です。

今年から2カ月に1回のペースで模様替えをします。十分な準備期間を設け、作品1つ1つをより丁寧に作りあげていきたいと思っています。

-2013.1.9−

page top